2017年3月27日月曜日

サンライン PEジガーULT インプレ

PEジガーULT,サンラインから近年発売されたラインです.



4本撚りと8本撚りがあります.
※画像は4本撚りの1200m巻です

私の使い分けとしては4本撚りをベイト,8本撚りをスピニングに使っていて,だいぶその特性も分かった(気がしている)のでインプレッションを書きたいと思います.

ずばり,使えるラインか使えないラインか?という話をすれば,私の出した結論は「使える」です.
ですが,トータル的なタックルバランスを崩壊させるちょっと危険な一面もあります・・・.トータル的な「感度」の話をすれば,ULTの4本撚りより高感度なラインは今は無いと思います.

あまりの感度の良さに「魚のサイズがわからない」との声もあります.
(実際私もULT初卸でかけた6kg程度のヒレナガは10kgクラスかと思いました・・・

また,さらに感度の良さに起因する間違いとして「魚が不用意に暴れる気がする」や「ほぼ伸びないため切れやすい」などの誤解を生むところもあるように思います.
感度が良すぎて竿や体にダイレクトに魚の引きが伝わっているだけで,実際他のラインでも水中では魚はほぼ同じ動きをしていると思います.
情報量の多さを人間が処理できていないだけのように私には思います.
数回使っただけではこのラインの本質は見えてきませんし,前回の釣行と変えたところがラインだけだからラインのせいだ,そうラインが悪い!と決めつけるのは焦燥です.そういう意味でトータル的なタックルバランスを崩壊させる危険性のあるレベルのラインだと思いました.

このラインの特性は低伸度である!と謳われることが多いと思いますが,このラインの一番の「魅力」はそこではないと個人的には考えています.

私の考えるこのラインの一番の魅力.それはライン平行方向に対する水切れの良さです.
特にPEジガーULTの4本撚りの水切れのよさは他のラインのどれよりも素晴らしいと思っています.

あんまり皆さんは水の粘性「Viscosity」について考えることは無いかもしれませんが,水というのは粘性をもった流体です.この粘性を持った流体中を物体が移動しようとすると,粘性抵抗が生じます.つまり,動きにくくなるわけです.
空気にだって粘性はあります.かなりサラサラしてますが・・・粘性があるが故,空気中を動く物体には抵抗が働きます.空気の場合は空気抵抗という言葉も使われます.
このように,粘性のある流体中を物体が移動すると抵抗(運動方向と反対向きの力)がかかるわけですが,この抵抗値がPEジガーULTは他よりも小さいのです.

ハッキリとした数値データでお示しすることはできませんが,この抵抗値を間接的に知る方法としてジギングにおけるジグの着底時間があります.
たとえばPEジガーULT,スーパーファイヤーライン,他のPEラインすべての号数を揃え,ライン以外は同じタックルで落とします.PEジガーULTが一番速く着底できるはずです.(是非お試しください)

ということで,糸を引っ張る方向の抵抗が減少することによって,より低伸度を感じます.
もともとが低伸度なので,より伸びないラインのように感じます.このことが原因で全く伸びないラインである.と勘違いしてしまう人も居るように思います.
しかし,ちゃんと伸びるラインです.試しに陸上で30mほど引っ張り出して引っ張ってみて下さい.
人気のない広い場所でお試しください.
ちゃんと普通に伸びます.

一部のエキスパートたちはULTの4本撚りは高感度過ぎてカンパチには向かない.
とおっしゃる方もいらっしゃいますが,このラインじゃなければできないことがありますので,私はカンパチ釣りでも選択肢としてはアリだと考えています.
たとえ100m前後の浅場であってもジグをうねりあり,二枚潮ありのような厳しい状況で動かすことは難しいです.
そういうときこそこのラインの出番かなと思います.

ということで,超高感度ラインが欲しい方にはピッタリのラインだと思います.
積極的にジグをコントロールして魚をかけにいきたい人向きです.
ジグの性能に頼り,ファイトもラインの伸縮率に頼る.そんな人ではなく,積極的に腕で勝負したい人向けとも言えます.

ただ,デメリットをあげるとすれば,粘性抵抗値が小さいため,他のラインより魚が疲れにくいです.
抵抗値が小さい故,魚の引きが強く感じます.(これが魚のサイズがわからなくなる原因かと思っています)

で,最後に,

伸びなさすぎて嫌いな人への一応の対策方法.


・リーダーを工夫しましょう
リーダーに使うフロロカーボンはPEとは比較にならないほどよく伸びます.
また同じ力に対しては線径の細いほうが太い方よりよく伸びますので,号数と長さを工夫しましょう.
私の場合,ULTを使う場合においては4ヒロ(8m〜10m)ほどリーダーを取るようにしています.
ショートのときは3ヒロです.
※あくまで私の場合の話です.これがイイとは思っていません.

・竿をちゃんと使いましょう&使う竿を考えましょう
ベイトリールでのファイトの場合,ストレートポンピングを多用するかたもいらっしゃいますが,竿はジグを動かすだけの存在ではなく,むしろやり取りをサポートしてくれるクッションとして使えることを意識するべきかと思います.

・PEジガーULTの8本撚りにする
8本撚りのほうがもう少し伸びますから,本当に伸びが欲しい人は8本撚りにするのも◯だと思います.

浅場での使用(150m以浅)での使用に不満を持たれる方もいらっしゃると思いますが,フォールが速いので1番手号数を上げ,ドラグ値を数キロアップで使うという手もあります.もちろん,リーダーはトータルとして適切な伸縮率になるように設定する必要があります.
リーダーの長さでかなり伸度は変えられるので,全部このラインでもいいかなと思っているぐらいですが,そこは4本と8本,普通のPEやファイヤーライン,それぞれにいいところはアリますから,これが何が何でもいい!と決めつけず,これからもいろんなラインを使っていきたいと思います.
なので,今,私が使っているリールにまかれているラインは
よつあみのX8,ジガーULTの4本,8本,スーパーファイヤーライン,シマノのMX4です.



総評

このライン(特に4本撚り)以上の高感度ラインは私が使用したことのあるラインの中にはありません.
どれぐらい高感度かというと,他のラインとは一線を画すラインであるため,トータル的なタックルバランスの見直しを必要とするレベルです.
高感度は低伸度だけでなく,粘性抵抗の低さでも決定されるということ.
それをしてなおメリットのあるラインであると私は判断しました.
ジグを意識して厳しい状況でも動かすということに関してはこのラインに右に出るラインはないでしょう.

PEジガーULTを数回使っただけでダメだと決めつけている方,もう一度見直してみませんか?

このラインならアカムツを3号でやるのも容易いかなと思っています.
不意の大物対策もできますしね・・・.

3号でやるアカムツ釣り自体に趣があるのかと言われればかなりQuestionですが・・・.

カンパチやるなら3号4号が良いと思います.
2.5号は巻いて使ってみましたが,強度は申し分ないですが,如何せん魚が疲れません.
2.5号使うなら250mオーバーかなぁと.

カヤックのタックルはたんまりとシマノのパワープロ1200mの手持ちがあるので,それを使い終わってから導入していきたいなと思っています.

さいごにこれだけいいたいのは,製品の善し悪しというのはトータル的なタックルバランスで決まってきますから,ライン単体だけの評価にあまり意味は無いと思います.
低伸度,高感度,低粘性抵抗は薬にもなれば毒にもなります. 

使ったことない人は是非使ってみられると面白いと思います.

 でわ.








2017年3月24日金曜日

【魚探】最近の魚探ニュース Lowranceでも自動等深線作成が可能に

久しぶりの魚探ネタ 魚探ネタって需要があるのか無いのか・・・わからないんです.
一応,プレジャーボートの保有台数は毎年減少傾向にあるので,そういう意味では需要は減ってきているのかなと・・・.

しかし,近年ではカヤックやミニボート,SUPなどが増えてきていることもあり,コンパクトなエントリー向け魚探の需要は高まってきているのかなと思います.

Youtubeに気まぐれにアップした魚探の動画も1万再生ぐらいしているので,そういうところからも関心の高さは伺えます.

※1万再生とか全く大したことないのですが,それが「魚探の紹介動画」であるということを鑑みると関心度としては高いのかなと思いました.

前置きはこれぐらいにして,Lowranceでも等深線作成が魚探単体でできるようになりました!!!(パチパチパチ)・・・・・

なんですが,全くコマーシャルされないですね.

一応,先月,LowranceのElite-TiとHDS Gen3のソフトウェアアップデートが来たんですが,

その中の,SonerChart Liveというのが等深線自動作成機能です.(ナビオニクスのね)

は?????

出典:http://www.lowrance.com/en-US/Software-Updates/Elite-Ti-Software-Upgrade-v-25/

うーむ.
今のところLowranceは自社で自動等深線マップ作成するアルゴリズムを作る気はないということでしょうか?
謎です.
ナビオニクスの提供している機能なので,ナビオニクスのマップカードが必要です.
ナビオニクスのマップカードは正直全然アテにならない(と個人的に思っている)ので,あんまり使いたくないなぁというところです.

一応,ナビオニクスのチャートライブ動画がありましたので紹介しておきます.


ソナーチャートライブは本来,Wifi機能を持った魚探とスマホやタブレットをつなげて,ソナーのログを送り,スマホ・タブレットでログを処理して等深線マップを作るという機能です.

上の動画はタブレットかスマホ上の画面です.

Lowranceについては現在はReefMasterでソナーログから等深線作成ができるので,自動等深線機能は無くとも個人的には良いのですが,こういう手抜き?(外注)をされるとなんだか萎えますね.

とはいえ,ガーミンやハミングバードは入門機でも価格がまぁまぁ高いので,Lowranceのように高性能な魚探(本来の魚探として高性能であるということです)をリーズナブルな価格でエントリー向けに提供してくれることは非常に嬉しことです(今のHookシリーズのことです).

しかし,このままではハイエンドでは戦っていけないのかな?などと危惧するところもあり,どうしたもんかなぁというところです.

ハイクラス(100万ポンな魚探)を買うならガーミン,5万ポン,10万ポンまでならLowrance.
今はそんな感じなのかなぁと思ってます.50万ポンでもGarminかなぁ・・・.

最新のバードビューレーダーなどもLowrance,Simradは日本の技術基準適合試験を受けていないように思いますが,ガーミンのバードビューレーダーは適合試験クリアしていたり・・・日本においてはあんまりやる気ないのかなぁなんて思ってます.

技適マークないと日本で使えませんからねぇ・・・・.

ヘディングセンサーもガーミンのHD-9AXは3軸の加速度とジャイロセンサーが入っているので,ふらつきに強いなど,最新鋭の製品をいち早く発売している印象です.

他にもGarminとLowranceを比べてLowranceが劣る点は多々あります.
が,前にも書いたとおり,エントリー向け,バリュープライス帯の製品ではLowranceは負けていないので,住み分け出来ているのかなと思います.

Elite Tiシリーズをお持ちの方,操作感など教えていただけると嬉しいです.

でわ! 



2017年3月22日水曜日

カヤックジギング開聞沖で良型のあの魚!

どうもです.
3月上旬の釣行記です.
しかし,内容があまり無いです.

簡単に言うと,
家で準備を30分して,釣り場まで車で1時間かけていって,カヤックの準備を40分まったりして,ポイントまで20分かけてカヤックで海上を進み,実釣30分だけやって,陸までカヤックで20分かけて戻り,カヤックをまったり30分かけて片付け,車で自宅まで1時間かけて帰り,30分片付けをやりましたという話になります.

カヤックフィッシングは海にプカプカ浮いて優雅に釣りをしているように見えますが,準備や片付けは意外とめんどくさいこともあるかと思います.

この日は5日前ぐらいまでは時化予報だったものが前々日ぐらいになって凪予報へ.前日にはベタ凪予報に変わって,これだったらカヤック行ける!と思っていたら早朝に急変で時化予報へ・・・.それでも午前中なら出られるかなと思い,カヤック積んで向かいました.

現地について用意しているとポツポツ雨.
予報は20%ですが!?

まぁ,雨はすぐ止む予報だったので,とりあえず出艇.

うーん,雨はポツポツやみませんね.

この日の狙いは「中深海」(予定)

最近,クロムツもアカムツもそういう魚を釣ってない,食べていない!
そして,カヤックからはこいつらはまだ釣ったことがない!
こんなベタ凪滅多にないし,チャンス!

などと思っていたんですが,その期待は裏切られることに.

いきなり中深海に行ってもよいのですが,浅場でブリ(ワラサ)でも釣れないかなと思って浅場をやってから深場に行くプランニングです.(あくまでプランニングです)

朝一なので,プレッシャーを与えないように瀬の手前からエンジンを切ってドテラでアプローチします.50mラインから流し始め,瀬のトップで30mほどです.

潮向きと風向きが同調しており,風の力を借りて流れは0.8ノット.
潮は0.6ノット,風で0.2ノットぐらいかと思います.

反応はバリバリありましたが1流し目は当たらず.
中深海用に250gをつけていたので,浅場ということで100gに落として再アプローチ.

瀬の手前で上げのアプローチでヒット!!
魚のヒット狙いどおり!
狙いのサイズよりもいいサイズ.
しかし,ブリっぽくないです.
ファーストランで,ブリなら10kg超えサイズじゃね?などと妄想.
巻いた時の重みがブリ10kgより軽い,首振りがブリ10kgよりも軽い.
ツッコミはブリより鋭い.
カンパチ?にしては引きが弱い・・・・.

ということはアノ魚だろうか?
しかし?この時期,このポイントに回るの?

などと考えながらファイト.
この日は中深海がメインの予定だったので1タックル,いつもと違ってPE1.2号にリーダー8号という私にしては細仕掛け.なので無理せずやり取り.

1色ラインなので,今ラインがどの程度出ているか分かりません.なので,魚探を見ながら,かけた魚がどの水深に居るのかを把握しながらやり取りします.一瞬ヒヤッとした場面もありましたが,なんとか回避.
瀬の手前でかけた魚ですが,瀬を超えたので一安心.あとは深い方に深い方に流れますので,ラインの角度や魚の深さを気にしながらゆっくりファイトします.

無理のないやり取りで上がってきたのは,キンキンの黄色いラインがキレイなあいつ.
ヒラマサです.

サイズはファイト中の予想通りでした.
無事あがって良かったです.







いつかのブログで見たようなアングルですが・・・.
あのときはキャスティングで釣ってますし,サイズもこっちよかったです.
このヒラマサはイエローラインがキンキンで抜群にかっこいい魚体でした.

サイズは陸に上がって計測して7.2kg.
個人的には鹿児島なら納得サイズのヒラマサです.
いよいよ鹿児島でヒラマサ10kgオーバーが見えてきた気がします.

とりあえず,カヤックだとクーラーボックスサイズが小さいので,このサイズが釣れてしまったら一旦陸に上がってクーラーボックスに入れなければなりません.

とりあえず,あと2流しだけやっていったん陸へ.
ここで雨が強くなってきて,視界も悪くなってきています.
視界は少しでも悪くなると怖いので,とりあえず陸に上がって,このまま雨が降るようであれば中止したいと思いました.

陸に上がって魚を車に積んである大きいクーラーボックスにツッコミ,8:30に更新された予報などをチェック.
???

吹くはずのなかった南風の予報.

このあたりは南風にめっぽう弱く,潮向きが北からの潮なので,もし予報通りの風が吹いたら潮と風が喧嘩し,釣りどころではないなと.
さらに雨の予報も今から3時間ほどは降る予報で,これはいかんな・・・・.
ということで撤退を決めました.

中深海に行けなかったのは残念ですが,海は逃げませんから,またの機会にでも中深海チャレンジしたいとこです.

釣果:ヒラマサ7.2kg

タックル:
テンリュウ ホライゾンSL M(カヤックカスタム)
オシアコンクエスト 301HG
PE:1.2号
リーダー:8号
ヒットジグ:
シマノペブルスティック100g


みなさんご安全に.

でわ.

--------------------------------------------------------
前の釣行記はこちら
→2017-No6:(沖縄本島)アウェイの洗礼でノーバイト・ボウズ

本記事
→2017-No7:カヤックジギング開聞沖で良型のあの魚!

次の釣行記はこちら
→未更新


2017年3月20日月曜日

美ら海水族館を見学

美ら海水族館

沖縄にある有名な水族館です.
水族館好きの私としては一度入ってみたかった水族館No1.

ということで行ってきました!


https://churaumi.okinawa/

大人1850円,16時以降だと1290円で入れます.
入館は17:30まで,営業時間は18:30まで.

夏(3月〜9月)は19:00まで入園,20:00閉園です.


入ってすぐキレイなサンゴの水槽があります.

綺麗です.

その隣に熱帯魚の海.
結構大きい水槽です.


最大2mにもなるナポレオンフィッシュ(メガネモチノウオ)がお出迎え.
この水槽の中で気になったのはハタ類です.

私が確認できただけで,カスリハタ, マダラハタ,タマカイ,コクハンアラ,チャイロマルハタ,ツチホゼリなどが居ました.


これらのハタですが,各々の性格があるのか,激しく動き回るハタ,じっとしているハタがハッキリ分かれていたようです.
中でもカスリハタはかなり活発で表面付近で餌を食べたり面白い行動をしていました.
ツチホゼリ,マダラハタも水槽内を激しく泳ぎ回っていました.
タマカイは比較的まったりしながらも割りとアグレッシブ.
チャイロマルハタとコクハンアラが一番おとなしく.じっとしている感じでした.

時間帯やその時の気分もあると思いますし,いつもこんな感じではないと思いますが,思ったより俊敏に動くなと思った次第です.
タマカイやカスリハタなどは他の水族館でも展示がありましたが他の水族館ではかなりまったりしているハタだなと思っていて,ここまで活発な個体は初めてみました.

その後はマングローブの水槽.

カーエー(ゴマアイゴ)が可愛い.

その後,サンゴの海個別水槽を抜けると,美ら海水族館一の大水槽があり,ジンベエザメもここで展示されています.

時期的なものなのか,水槽内の個体がかなり少ないように思いました.
ロウニンアジ,カスミアジをはじめとした沖縄にいる魚からツムブリなどの回遊魚も.
入ってるベイト?も沖縄特有?のものであるように見えました.

しかし,ブリやヒラマサ,カンパチといったある意味メジャーな魚は入っていないんですね〜.沖縄って感じです.

この水槽で気になったのはハタ(種別不明)が底から15mぐらいのところでずっとステイしていたという点.底から20mぐらいまではやっぱりハタ系は居ることあると思います.
特にベイトを追っているときなど.

また,ロウニンアジもこのサイズなら固まって生活しているということ.
カスミアジにはいくつかのグループが居て,固まって水槽をぐるぐる泳ぐグループ,はぐれ個体で水槽を泳ぐもの,水槽の底でじっとしている個体など,同じ水槽内の同じ種にあっても色々と居場所があるんだなぁと思った次第です.

そしてその後は深海生物の個別水槽の後・・・深層の海水槽.


美ら海水族館といえば,黒潮の海(ジンベエザメ展示水槽)ばかりがクローズアップされますが,個人的(釣り人的)にはこの深層の海水槽のインパクトは半端なかったです.

展示されている魚は私が確認うち,覚えているもので,クロムツ,ハマダイ,ハチビキ,ハチジョウアカムツ,キンメダイ...など.

クロムツは小さい個体でしたが,かなり泳ぎが速く,しかも群れで泳ぎ回っていました.
クロムツは青物狙いのごとくシャクっても食ってくる.食ってくる棚も下から20m,40mぐらいまでは平気で食ってくるところから想像していた水中のイメージとかなり近く,ためになりました.

ハチビキも遊泳力が高く,かなり高速で泳ぎ回っていました.
ハマダイもハチビキほどでは無いですが,泳ぎ回っている感じ,ハチジョウアカムツは岩礁帯で比較的じっとしているのが好きな様子でした.

いずれの個体もボトムすれすれを泳ぐわけではなく,ちょうど目線ぐらいより上,つまり底から150cm〜あたりを泳いでいます.

キンメも岩礁帯でじっとしているような個体が多かったです.

釣りをしていて,ガンガンしゃくっても比較的食ってくる魚種,ゆっくりしゃくったほうが食ってくる魚種,釣りをしている時のジグの動きとそれを捕食する魚の具体的なイメージが出来たように思います.これをまた釣りにフィードバックしていきたいですね.
深層の海水槽は見た目は地味なので,人気がないのか,立ち止まる人は少なかったですが,私はこの水槽の前だけで30分も観察してしまいました(笑.

最後に発光生物についての展示がありました.

美ら海水族館の大きな水槽は以上です.

意外と展示内容が少ないなと思ったのが率直な感想です.
しかし,この水族館はこの水族館で面白い水族館だなと思いました.

また,鹿児島のいおワールドにも行こうと思いました.


2017年3月17日金曜日

【動画】トカラ列島 スロージギング&ジギングでカンパチと・・・???

どうもです.
久しぶりの動画ネタ.

Youtuberが注目され始め・・・はや数年・・・
皆さんYoutubeってご覧になりますか?

私は釣り動画(主にシマノTV)と,たまにバラエティ的な動画を見ています.
釣りYoutuberなる人々がいらっしゃることも存じておりますが,毎日みたりせず,たまに暇があれば見ている程度です.

超個人的な最近のオススメチャンネルは
きまぐれクックというチャンネルで,主に魚を捌いて料理するチャンネルです.
https://www.youtube.com/user/toruteli

最近の若者?はテレビよりもYoutubeという人も多いように思います.

破竹の勢いで伸び続け,この前は1日あたりのユーザー総視聴時間が10億時間を突破したとニュースになりましたね.1日で10億時間・・・・10億時間って10万年超えてますよね・・・.すごい.

そんなYoutubeに久しぶりに動画投稿しました.

少しだけ編集も入れてみましたが,これがまためんどくさい.
なれてくるとチャッチャッと編集できるものだと思いますが,シロウトにはなかなか難儀ですね.

さて,今日ご紹介する動画はジギングのヒットシーン特集です.
もう1年以上前の動画になってしまいますが,出してみようと思います.
本当はファイトが下手すぎてあまり参考にならないので出さないつもりでしたが,時間が経っているので,自己評価と反省的な意味も込めて公開したいと思います.
(本当は編集がめんどくさかっただけです)

撮影地域はトカラ列島.遊漁船:明日丸
釣行は2015年の12月30日

4匹のヒットシーンをご覧ください.


ベイトリールのフォールの釣りとスピニングの上げの釣り両方あります.
トカラ海域は深いポイントがおおいので,スピニング上げの釣りではかなり大きくストロークを入れないとジグが全く動いていないと思います.
なので,これぐらいでもちょうどよいと個人的には思っています.
ベイトリールはまだまだ扱いがしょぼい時期ですね.この時期よりは今のほうが格段に上手くなっていると思います(笑.

また,Youtubeなるものに少しずつ動画を増やしていきたいとも考えています.
週1本すら難しいと思いますが・・・・.
どういう動画を出せばよいのかもイマイチ掴めていませんし.

ブログの補足的な立ち位置で活用していけたら良いなと思います.

でわ!